成長する
 キミを
みてみたい

 

 

池田 箕面 発達障がい 運動療育 児童発達支援 放課後等デイサービス 池田 箕面 発達障がい 運動療育 児童発達支援 放課後等デイサービス 池田 箕面 発達障がい 運動療育 児童発達支援 放課後等デイサービス 池田 箕面 発達障がい 運動療育 児童発達支援 放課後等デイサービス

コンセプト

からだを動かすこと、仲間との人間関係を築くことから、自信を沸き立たせ、カラダとココロの成長をサポートする

明武館療育クラブでは、コーディネーショントレーニングに適した『柔道』の基礎的な動きを取り入れた運動により、体幹を含めたカラダつくりを行います。発達性協調性運動障害(DCD)と称される、不器用な子・運動が苦手な子・体育の授業が苦手な子・よくころんでケガをするような子・肥満傾向な子などの協調運動の改善・ケガの予防・活動量の向上に取り組みます。また、友達と一緒に遊びづらい・人の話を聞くのが苦手・空気が読むのが苦手などのソーシャルスキルの改善に取り組んでいます。発達障がいが、協調運動などの身体性と密接に関係していることから、運動プログラムにより、社会性の障がい、学習能力、実行機能障害の改善が期待されています。

児童発達支援

3歳~6歳(未就学児)

発達の気になる就学前のお子さまが、日常生活における基本動作や知識技術を習得し、幼稚園や保育園などの集団生活に適応できるようにサポートします。

放課後等デイサービス

7歳~12歳(小学生)

 障がいや発達に特性のあるお子さまが、生活能力の向上のために必要な動作や知識技術を習得し、小学校や地域などの社会との交流、集団生活に適応できるようにサポートします。

明武館療育クラブ

カラダとココロを育む支援内容

(柔 道 療 育)

池田 箕面 発達障がい 運動療育 放課後等デイサービス

運動発達支援

「運動が苦手」「不器用」「転びやすい」などの運動面に問題をもつお子さまの発達課題に取り組んでいます。お子さまの成長スピードはさまざまです。お子さまの障がいや発達課題などの個別特性を評価し、独自の『カラダプログラム』により、「走る」「投げる」「跳ぶ」「まわる」などの基本的な動作の練習でバランス感覚や協調性運動、苦手なカラダの使い方や運動機能面を克服していきます。また、「柔道」の基礎運動を取り入れ、巧緻性やバランス、リズム、反応能力などコーディネーション能力を高めるとともに、体幹機能を向上します。「転んでもケガをしないカラダつくり」として、柔道の「受け身」やカラダの使い方を練習します。スモールステップで達成感(自己肯定感)を感じ、自信を付けることで、次なるステップに取り組むことが出来るようになります。

このようなお悩みを解決します。

  • 不器用
  • 運動が苦手
  • 体育の授業についていけない
  • じっと話を聞けない
  • フラフラするな!と怒られる
  • ころびやすい

 


ソーシャルスキル支援

社会で生きていく上で、対人関係を築くことは大切です。集団活動の中で人の話を聞いて行動する練習を行ったり、子ども同士のふれ合いで、譲り合いや支えあいなど、自身の気持ちのコントロールを練習します。また、柔道を通した礼節。礼法やあいさつを身に付け、対人関係の構築やココロの落ち着き、場・状況に合わせたふるまいなども学びます。
個性を伸ばしつつも、社会生活(ルール)を身に付け、社会との関係を広めてもらいたい。

池田 箕面 発達障がい 運動療育 明武館 放課後等デイサービス

このようなお悩みを解決します。

  • 勝手な行動をしてしまう
  • 話を聞くことが苦手
  • すぐにカッとなってしまう
  • 友達ができにくい

 


放課後等デイサービス 家族支援 池田 箕面 発達障がい 運動療育 

ご家族・学校園・地域連携

子どもがいる場所によって、支援の方法や理解が統一されず、子どもが迷ってしまうことがあります。子どもの障がいや特性に合わせた支援を、子どもの取り巻く環境で共有しながら支援していくことが大切と考えます。私たちは、ご家族さまはもちろんのこと、ご要望に応じて、学校や幼稚園・保育園との連携を図り、お子さまが前を向いて生きていける環境を作っていきたいと考えています。

 

このようなお悩みを解決します。

  • 指導内容がバラバラで子どもが迷っている
  • 子どもとどう接したら良いか分からない
  • 怠けているように思われる

 


健康管理支援

外で遊ぶ機会が少なく、肥満傾向にある子どもたちが増えています。肥満は、活動量の低下につながり、友達と遊ぶなどの活発性に影響します。明武館療育クラブでは、カラダを動かすことで体力を向上させるとともに、必要なお子さまには、体重や体脂肪率、筋肉量などを計測し、継続的な健康管理を行います。

放課後等デイサービス 健康管理

このようなお悩みを解決します。

  • 運動不足で子供の体型が気になる
  • すぐに疲れる
  • カラダが重そう

 


このようなお悩みを解決します。

  • 運動不足で子供の体型が気になる
  • すぐに疲れる
  • カラダが重そう

 


明武館療育クラブ

7つの特徴

放課後等デイサービス 施設

 

圧倒的広さのプレールーム

柔道場という安全で広々とした開放感のある施設です。クッション性のある畳(たたみ)の上で、安全にのびのびと運動を行います。「おもいっきり!」体を動かすことが出来る施設です。

 

放課後等デイサービス 柔道

 

ケガをしないカラダつくり

受け身やマット運動などの練習で、カラダの使い方を身に付けます。
身を守る!頭を守る!こけた時にケガを最小限に食い止めるカラダつくりです。

 

放課後等デイサービス 礼儀

 

礼法

返事やあいさつ。人間関係を構築するには必要なスキルです。
また、身体を動かすばかりでなく、正座や黙想など、気持ちを落ち着かせます。
精神的な変化、環境の変化に対応できる能力を身に付けます。

 

放課後等デイサービス アセスメント

 

アセスメント

理学療法士・保健体育教員免許資格者など、カラダ運動の専門家が運動機能面を評価します。また、「感覚+動作アセスメント(LEDIX社)」を定期的に実施することで、お子様のお困りごとや成長を的確に確認していきます。

 

放課後等デイサービス 小集団

 

個別・小集団療育

評価に基づき、お子さまの発達段階・特性に合わせた運動支援を行います。
「まわる」「走る」「跳ぶ」「投げる」などの基礎動作の獲得や、学校体育の予習、日常動作の習得を目指します。
スモールステップで達成感を感じながら、発育を促します。

 

放課後等デイサービス 集団療育

 

集団療育

身を守るための柔道プログラム。「礼法」や「受け身」、「集団活動」を練習します。
苦手な集団活動も、みんなと一緒にカラダを動かすことで、徐々に協調性やコミュニケーション能力を育んでもらうことを目的としています。
ルールを守ったり、役割分担が出来るようになるなど、対人関係の能力が向上します。

 


 

送迎サービス

当事業所のスタッフが直接お伺いします。お子様の情報交換を随時行える体制を目指しています。
送迎には、送迎可能範囲やお願い事がございます。詳しくは下記「送迎について」リンクをご覧ください。

 
 

 

 

 

 
 

 

 

 


関連事業リンク
柔道教授
明武館道場
医療・介護・福祉
株式会社ワイズトライン